地域コミュニティの調査報道
調査報道記事
  • HOME »
  • 調査報道記事 »
  • 琵琶湖市民清掃

琵琶湖市民清掃

あす市民清掃2週目【緊急企画:琵琶湖市民清掃のポイント】(1)~(5)のまとめ

6月26日は、琵琶湖市民清掃の2週目です。2週目の清掃地域は、和邇、仰木、仰木の里、雄琴、日吉台、坂本、下阪本、山中比叡平、平野、膳所、富士見、上田上、田上、青山です。大津WEB新報は、緊急企画を5回シリーズでお届けして …

7月1日はびわ湖の日/主婦たちによる「石けん運動」が由来/市民清掃№92

滋賀県内で行われる琵琶湖の一斉清掃は、もともとは、主婦たちによる「びわ湖を守る粉石けん使用推進運動」が由来で、そこから県の美化条例制定に発展した。それが県内の一斉清掃につながっている。 滋賀県環境政策課のホームページ/び …

補助金60万円を増額/雨天延期の2012年/参加者は例年の半数/市民清掃№91

琵琶湖市民清掃をめぐって、主催する任意団体「琵琶湖を美しくする運動実践本部」は2016年の実施要綱の中で、雨天延期の場合は、大津市へ地域清掃として「美化活動の申請書」を提出するよう求めている。しかし、4年前の2012年は …

4年前も雨天決行/スケジュールを優先/市民清掃№90

2016年6月19日は雨天の中、琵琶湖市民清掃を決行したが、4年前は雷注意報が発令されていたのに強行した。2012年7月1日。情報公開請求して開示された当時の実施結果報告書によると、ある学区の自治会役員1人が意見を述べて …

大津WEB新報に「対抗」/大津市課長が発言/水面下の協議で/市民清掃№89

大津市環境政策課の幹部が、情報公開請求で開示された記録を基に情報発信している大津WEB新報に「対抗」するため、事業PRをするという考え方を、公的な場で示していたことが、新たに明らかになった。地方行政の公平性・公正性に反す …

【解説】琵琶湖市民清掃は「美化活動」にあらず?/条例の対象外?/勝手気ままに運用/市民清掃№88

今年度に新たな実施要綱が作られ、琵琶湖市民清掃が行われている。数万人の市民が参加する清掃活動である。外形的に見れば、間違いなく、大津市の条例が定める「美化活動」だと位置づけられる。ところが、主催する任意団体「琵琶湖を美し …

【論説】「原点に立ち返り」?/市民不在でルール変更/市民清掃№86関連

琵琶湖市民清掃をめぐり、ごみの収集・運搬を拒否していた大津市が昨年末、方針を大転換させ、「市が行う」と提案していた。方針を大転換させた小委員会の「市民清掃のあり方」検討結果報告では、「市民清掃の原点に立ち返り、実践本部が …

【速報】雨でも決行/滑りやすい河川沿いや湖岸で/安全より「実施」優先/市民清掃№87

44年目にして初めて実施日を分割した琵琶湖市民清掃が6月19日午前、行われた。この日が分割実施の初日。朝からの雨天にかかわらず、大津市と「琵琶湖を美しくする運動実践本部」は、ゴーサインを出した。河川沿いや湖岸は足元が滑り …

【緊急企画:琵琶湖市民清掃のポイント】(1)~(5)のまとめ

いよいよ6月19日から、3週(3エリア)に分割されての琵琶湖市民清掃が実施される予定です。日にちを分割しての実施は、44年目にして初めてです。大津WEB新報は、緊急企画を5回シリーズでお届けしてきました。まとめましたので …

【緊急企画:琵琶湖市民清掃のポイント(5)】泥は地域で処理しましょう

琵琶湖市民清掃は今年から大幅にルールが変わり、3週(3エリア)に分割されて実施されます。参加する市民はどのような点に気をつけておけばよいのか。緊急企画を5回シリーズでお届けします。第5回は「泥は地域で処理しましょう」 昨 …

« 1 2 3 4 16 »
PAGETOP
Copyright © 大津WEB新報 All Rights Reserved.