地域コミュニティの調査報道
調査報道記事
  • HOME »
  • 調査報道記事 »
  • 琵琶湖市民清掃

琵琶湖市民清掃

費用は総額2,800万円/昨年度までの5倍/ごみの収集・運搬を委託/市民清掃№99

2016年度の琵琶湖市民清掃は、過去の5倍も費用がかかっていたことが、弊サイト独自の調査により明らかになった。大津市から運営費として支出している補助金は、550万円。2015年度までは収集・運搬費はその中に含まれていたが …

あす市民清掃3週目【緊急企画:琵琶湖市民清掃のポイント】(1)~(5)のまとめ

7月3日は、琵琶湖市民清掃の3週目です。3週目の清掃地域は、小野、葛川、伊香立、真野、真野北、堅田、晴嵐、石山、南郷、大石の各学区です。大津WEB新報は、緊急企画を5回シリーズでお届けしてきました。3週目の実施前に再掲載 …

業者と半年前に調整済み/契約は6月17日/ごみの収集・運搬委託/市民清掃№98

琵琶湖市民清掃のごみ収集・運搬の業務委託契約をホームページに掲載するのが、実施日以降の6月末にずれこんだ事態を、大津市は「ごみ量などを業者と協議するのに時間がかかった」と釈明していたが、半年前の昨年12月には、大津市と業 …

収集・運搬を4社へ/総額2,265万円で委託/HPへの情報公開遅れる/市民清掃№97

琵琶湖市民清掃のごみを収集・運搬する作業について、大津市は4業者との業務委託契約を6月17日に締結していたことが明らかになった。3日間分の総額は2,265万円。しかし、大津市はこの契約についてホームページに掲載していなか …

年1回560万円の大津市が突出/他の市町は50分の1/市民清掃№96

滋賀県内では、大津市以外の18市町が関係する任意団体「美しい湖国をつくる会」が、市民の参加する清掃活動を年3回行っている。ところが、大津市はここには加わることなく、任意団体「琵琶湖を美しくする運動実践本部」が、年1回の琵 …

越市長は不参加?/HP「市政日記」に記載なし/市民清掃№95

琵琶湖市民清掃が6月19日と6月26日に行われたが、越直美市長の「市政日記」では、全く触れられていないことが、大津市のホームページで明らかになった。4月の「広報おおつ」などで多くの市民へ、ボランティア清掃を呼びかけておき …

処分場は閑散/市民の視察は拒否/実践本部が市職員に指示/市民清掃№94

謝礼金を受け取った無許可業者などが昨年度、琵琶湖市民清掃のごみを大量に搬入していた南部の大田廃棄物処分場の仮置き場は、今年は閑散としており、6月26日午前中は泥の搬入だけで3台しか運搬車両が入っていないことが明らかになっ …

大津市は運ばず、業者が回収/委託契約なしで/広報誌の説明と異なる/市民清掃№93

琵琶湖市民清掃が行われた6月26日、大津市環境部は市民の集めたごみを運ばず、代わりに、家庭ごみの委託業者(D社)が回収していたことが、複数の目撃情報で明らかになった。大津市は「今年度は、地域参加団体(学区自治連合会など) …

あす市民清掃2週目【緊急企画:琵琶湖市民清掃のポイント】(1)~(5)のまとめ

6月26日は、琵琶湖市民清掃の2週目です。2週目の清掃地域は、和邇、仰木、仰木の里、雄琴、日吉台、坂本、下阪本、山中比叡平、平野、膳所、富士見、上田上、田上、青山です。大津WEB新報は、緊急企画を5回シリーズでお届けして …

7月1日はびわ湖の日/主婦たちによる「石けん運動」が由来/市民清掃№92

滋賀県内で行われる琵琶湖の一斉清掃は、もともとは、主婦たちによる「びわ湖を守る粉石けん使用推進運動」が由来で、そこから県の美化条例制定に発展した。それが県内の一斉清掃につながっている。 滋賀県環境政策課のホームページ/び …

« 1 2 3 4 17 »
PAGETOP
Copyright © 大津WEB新報 All Rights Reserved.