地域コミュニティの調査報道
調査報道記事
  • HOME »
  • 調査報道記事 »
  • 大津市の市長&副市長関連

大津市の市長&副市長関連

現職の西村市議が公金飲食/市と伊香立の懇親会で/倫理条例に抵触か/地区環境整備事業№74

年間約1億円の迷惑料(地区環境整備事業補助金)について地元からの要望を上げる伊香立環境整備委員会との間で、大津市が2015年6月と2016年3月に開いた懇親会に、現職の西村和典市議(絆の会)が出席し、公金で飲食をしていた …

泉市議(当時)が公金飲食/琵琶湖グランドホテルで/越市長が招待/地区環境整備事業№72

大津市はごみ処理施設の地元に、毎年多額の「地区環境整備事業補助金」(迷惑料)を支出し、幹部同士で大型ホテルで宴会を開いているが、その席に大津市議会の泉恒彦市議(当時)が参与として参加してたことが、情報公開請求で開示された …

大津市が宴会に199万円/「あり得ない」と草津市/クリーンセンター建設めぐり/地区環境整備事業№71

大津市は北部クリーンセンターがある伊香立学区の環境整備委員会と、毎年2回、委員会の後に懇親会を開いてきた。しかし、隣接する草津市は、草津クリーンセンターがある地元自治会と1度も懇親会を開いたことがないことが、大津WEB新 …

事態を過小に見せる説明/大津市がHPで/公園の遊具問題/市長関連№71

大津市が安全基準に達していない公園の遊具を8年間放置していた問題で、市は事態を過小に見せかける説明を、ホームページに掲載していることが分かった。指定管理者の大津市公園緑地協会の説明とも食い違っている。 大津市は遊具の全体 …

「いつ使える?」/半数は修繕予算なし/公園の危険遊具放置問題/市長関連№70

大津市が、都市公園の遊具156基を安全基準に満たない状態のまま、8年間放置してきた問題で、半数以上は修理の予算がつかず、使えない状態が当面続くことが、大津WEB新報の取材でわかった。大津市は6月に補正予算1090万円を使 …

「法律上の義務ない」と越市長/国のガイドラインは無視?/安全基準未満の遊具放置/市長関連№69

大津市の越直美市長は、6月2日の定例記者会見で、京都新聞の記者から「遊具156基が安全基準を満たしていなかったことの放置理由」を問われ、「明確な法律上の義務はない」と回答していた。しかし、大津WEB新報が、大津市の公園緑 …

「交付基準」をHP上復活/自治連関係の補助金2件/弊サイト報道直後/自治会№84

大津市は、大津市自治連合会などへの補助金2件に関する交付基準を、ホームページから削除したことを、大津WEB新報が5月8日に報じた。その後、大津市は掲載を再開したことがわかった。重要な補助金の「交付基準」を、市側の都合によ …

【論説】越市長は市民に説明せよ/自治会との懇談会復活/遊興費に使われるのなら「ふるさと納税」へ/自治会№82、83関連

「自治会との懇談会を飲食を伴わない形にしていきたい」。昨年11月に、越直美市長が記者会見で発言してから、半年もたたないうちに、こっそりと元に戻した。越市長は自ら、市幹部と一緒に、利害関係団体である大津市自治連合会との宴会 …

【図解】自治連合会の宴会だけ出席/越直美市長と市幹部/定例会・総会はパス/自治会№82・83関連

2017年5月10日に、琵琶湖ホテルで、大津市自治連合会の定例会と総会、夜には宴会が開催されたが、市長をはじめとする大津市幹部は、定例会と総会に出席せず、夜の宴会の時にだけ現れたことが、大津WEB新報の電話取材でわかった …

総会資料なし、宴会は出席/越市長の説明に矛盾/自治会№83

大津市の越直美市長は5月17日の定例記者会見で、ホテルで開かれた大津市自治連合会の宴会に出席した理由を記者に問われ、「総会後というのは、新しい体制のことについて話をしたりする一つの節目」と説明した。しかし、総会には、大津 …

1 2 3 12 »
PAGETOP
Copyright © 大津WEB新報 All Rights Reserved.