地域コミュニティの調査報道
調査報道記事
  • HOME »
  • 調査報道記事 »
  • 自治会

自治会

【解説】自治連合会が牛耳る恐れ/統廃合後の市民センター/自治会№90

大津市が進めている市民センター統廃合の問題で、市の構想では、新たな組織「まちづくり協議会」(仮称)を発足させ、5年後には施設の運営を全て委託することが柱になっている。一見、「住民主体」の運営が実現するかのように見える。し …

利用者は蚊帳の外/市民センターの統廃合案/市議には配付/自治会№89

大津市内36カ所にある市民センターを統廃合する具体案を、大津市が作成し、押し進めようとしていることが分かった。市はこの案を市議会議員らには配付しているが、地元への説明はなし。利用する市民は蚊帳の外に置かれたまま、水面下で …

個人情報の収集マニュアル作成/自らの役員名は示さず/大津市自治連/自治会№88

大津市はホームページに、大津市自治連合会が末端の自治会向けに作成した「個人情報取扱マニュアル」を掲載している。内容は「多くの会員から同意を得て、個人情報の収集・管理をしましょう」などというもの。ところが、大津市のホームペ …

自治連の温泉旅行♨計画に乗った?/自治協働課課長と一問一答/自治会№87

大津市と大津市自治連合会が、公金で温泉旅行♨に行った問題で、大津市自治協働課の田中鉄也課長は、大津WEB新報の取材に対して、「旅行は、大津市が計画したものではない」と釈明した。以下、一問一答。 ー今年も、大 …

今年も補助金で温泉旅行/市職員2人が公金で随行/大津市自治連合会29人と/自治会№86

大津市自治協働課の職員2人が今月上旬、大津市自治連合会の毎年恒例の秋季研修旅行(温泉旅行)に公務で随行していたことがわかった。2人の経費は市が負担している。大津市自治連合会の会長ら29人の旅費や宿泊費も、大津市からの補助 …

400万円でパーティ?/70周年事業で積み立て/事務所強化にも/自治会№85

大津市自治連合会が昨年度、新たに積立金55万円を計上していたことがわかった。内訳は「周年事業」と「事務局体制強化」の2本立て。周年事業は7年後の「70周年」に、大規模なパーティを開くためだとみられる。大津市からの補助金は …

「交付基準」をHP上復活/自治連関係の補助金2件/弊サイト報道直後/自治会№84

大津市は、大津市自治連合会などへの補助金2件に関する交付基準を、ホームページから削除したことを、大津WEB新報が5月8日に報じた。その後、大津市は掲載を再開したことがわかった。重要な補助金の「交付基準」を、市側の都合によ …

【論説】越市長は市民に説明せよ/自治会との懇談会復活/遊興費に使われるのなら「ふるさと納税」へ/自治会№82、83関連

「自治会との懇談会を飲食を伴わない形にしていきたい」。昨年11月に、越直美市長が記者会見で発言してから、半年もたたないうちに、こっそりと元に戻した。越市長は自ら、市幹部と一緒に、利害関係団体である大津市自治連合会との宴会 …

【図解】自治連合会の宴会だけ出席/越直美市長と市幹部/定例会・総会はパス/自治会№82・83関連

2017年5月10日に、琵琶湖ホテルで、大津市自治連合会の定例会と総会、夜には宴会が開催されたが、市長をはじめとする大津市幹部は、定例会と総会に出席せず、夜の宴会の時にだけ現れたことが、大津WEB新報の電話取材でわかった …

総会資料なし、宴会は出席/越市長の説明に矛盾/自治会№83

大津市の越直美市長は5月17日の定例記者会見で、ホテルで開かれた大津市自治連合会の宴会に出席した理由を記者に問われ、「総会後というのは、新しい体制のことについて話をしたりする一つの節目」と説明した。しかし、総会には、大津 …

1 2 3 15 »
PAGETOP
Copyright © 大津WEB新報 All Rights Reserved.