地域コミュニティの調査報道
調査報道記事
  • HOME »
  • 調査報道記事 »
  • 地区環境整備事業(迷惑料)

地区環境整備事業(迷惑料)

結果次第で住民訴訟へ/「迷惑料」の住民監査請求/環境整備事業№5

 加藤英子さんら市民8人が、大津市の一部の自治会に支出している地区環境整備事業補助金、いわゆる迷惑料は違法だとして12月16日に、住民監査請求した。大津市監査委員会はこれを受け、提出された文書の内容を確認したうえ、来月上 …

「腐敗臭すら漂う」と日野行介記者が指摘/大津市が支払う多額の迷惑料/2003年の寄稿文/環境整備事業№4

2003年3月、大津市に「報償金訴訟」を起こした加藤英子さんたちが中心になり、しが自治会オンブズパーソンを立ち上げた。顧問は、京都・市民・ オンブズパーソン委員会代表の折田泰宏弁護士。その第2回総会に、大津市の自治会問題 …

過去報道を振り返る/大津市は12年経っても変わらず/迷惑料問題/環境整備事業№3

大津市の補助金問題は10年以上前にも大きな社会問題となっていた。その1つが地区環境整備事業費、いわゆる迷惑料の補助金問題だ。しが自治会オンブズパーソン(当時)の加藤英子さんらは2002年、迷惑料として大津市が周辺自治会や …

主要4紙が報道/「迷惑料」住民監査請求/環境整備事業№2

大津市の地区環境整備事業補助金(いわゆる迷惑料)の問題に関する住民監査請求について、主要4紙が12月17日付朝刊で一斉に報道した。各紙の見出しは以下の通り。16日の記者会見当日はNHKも取材していた。 朝日新聞  「迷惑 …

「大津市はごまかしている」/舌鋒鋭く加藤さん/「迷惑料」監査請求で会見/環境整備事業№1関連

「税金は正しく使ってもらわんと」。いわゆる「迷惑料」について住民監査請求した加藤さん(82)は16日、集まった報道陣を前に、膝に置いた両手のこぶしを握りしめながら、こう力説した。 午前10時15分からの記者会見。代理人の …

「迷惑料」1億5千万円は違法/「香の里史料館」など/市民らが住民監査請求/環境整備事業№1

大津市北部の廃棄物処理施設の周辺に、大津市が支出している補助金(いわゆる迷惑料)約1億5千万円が、公益性のないものに使われ、地方自治法に違法するとして、市民らが12月16日、住民監査請求した。請求人の1人、加藤英子さん( …

« 1 8 9 10
PAGETOP
Copyright © 大津WEB新報 All Rights Reserved.