【ポイント】

  • 2015年の大津市自治連合会の役員名簿が、情報公開制度に基づき開示されました。
  • 役職の任期はありません。同じ人物が長年、学区の自治連合会長を務める例が多くあります。
  • 大津市自治連合会の30年史、50年史、60年史で学区自治連合会長の任期を調べました
  • 歴代自治連合会長で、10年以上の経験者は、36学区中、16学区。実に4割を占めています(記録で判明分のみ)。
  • 最長は田上学区の36年間。退いた後も5年間「名誉顧問」を務めていました。
  • 自治体の首長の多選に対しては、権力が肥大し、行政腐敗が起きやすいとの批判があります。自治連合会長の“超”長期化も、専制化を招くのではないでしょうか。

【詳細】

大津市自治連合会の役員名簿が開示された。長期間、役員を務める人が目立つ。2015年現在、大津市自治連合会長の内田一豊氏(瀬田学区)と、副会長の清水耕二氏(長等学区)がいずれも9年目に入っている。

各36学区の自治連合会長をみると、晴嵐(目片允章氏)、坂本(谷正男氏)、和邇(安孫子平次氏)、真野北(大澤光雄氏)の4学区が10年以上になる。歴代の学区自治連合会長として、最長なのは田上学区の廣瀬修氏(故人)で36年間。1973年(昭和48年)に就任してから、2009年(平成21年)まで。退いた後も、2014年(平成26年)まで、大津市自治連合会の名誉顧問を務めた。

■歴代の学区自治連合会長の在籍年数ランキング(記録で判明分のみ)

在籍年数 学区 会長(敬称略)
1位 36年 田上 瀬 修
2位 24年 上田上 山本 俊一
3位 21年 下坂本 三津川 健造
3位 21年 平野 奥村 石次郎
5位 20年 逢坂 土井 養成
6位 18年 坂本 谷 正男(現職)
7位 17年 坂本 田中 久蔵
7位 17年 膳所 西田 將一郎
9位 15年 仰木の里 松村 勝
10位 13年 滋賀 岩波 弘
11位 12年 瀬田 中谷 隆夫
11位 12年 唐崎 上田 正雄
11位 12年 長等 金井 長純
11位 12年 雄琴 辻 喜正
15位 11年 長等 林 賢治
15位 11年 真野北 若林 義昭

■在籍10年以上の学区自治連合会長(現職)一覧

在籍年数 学区 会長(敬称略)
18年 坂本 谷 正男(平成20年~23年大津市自治連合会 会長、平成19年副会長)
11年 晴嵐 目片 允章(平成24年~25年大津市自治連合会 副会長)
10年 和邇 安孫子 平次(平成24年~25年大津市自治連合会 会長、平成21年~23年副会長)
10年 真野北 大澤 光雄(平成21年~23年大津市自治連合会 会計、平成26年~27年事務局長)

参考資料1「2015年(平成27年)大津市自治連合会役員名簿」

参考資料2「60年史/大津市自治連合会役員名簿(平成17年~26年)」

参考資料3「30年史/学区別自治連合会長表(昭和31年~昭和36年)」

参考資料4「30年史/学区別自治連合会長表(昭和45年~昭和51年)」

参考資料5「50年史/学区別自治連合会長表(平成7年~平成12年)」

参考資料6「50年史/学区別自治連合会長表(平成13年~平成16年)」

参考資料7「60年史/学区別自治連合会長表(平成17年~平成21年)」

参考資料8「60年史/学区別自治連合会長表(平成22年~平成26年)」