地域コミュニティの調査報道
調査報道記事
  • HOME »
  • 調査報道記事 »
  • 記事のアーカイブ

記事のアーカイブ

【解説】無許可業者の収集・運搬はOK?/琵琶湖市民清掃の監査請求/対立する主張シリーズ①/市民清掃№111

大津市監査委員会は、琵琶湖市民清掃の補助金と随意契約が違法とする、加藤英子さんら市民の訴えを、却下・棄却した。大津WEB新報は以前、1.5億円違法の迷惑料を却下した監査委員会が機能不全に陥っていることに言及したことがある …

監査請求を却下・棄却/「裁判で明らかに」と市民ら/市民清掃№110

加藤英子さんら市民11人が、大津市監査委員に対し、琵琶湖市民清掃の補助金と随意契約金を違法な支出だとして返還を求めていた請求で、監査委員会は6月末までに、却下・棄却とした。加藤さんらは、この結果について「いつものこと。裁 …

4業者に2090万円/ごみ収集・運搬で随意契約/今年もパッカー車出さず/市民清掃№109

琵琶湖市民清掃の収集・運搬を行うため、大津市が4業者と随意契約を結び、契約金額は合計約2090万円に上ることが明らかになった。4社のうち最高額は大津衛生社の約850万円。大津市は2年連続で、保有するパッカー車を特段の理由 …

大津市、情報公開せず/ごみ収集・運搬の契約/市民清掃開始後も/市民清掃№108

琵琶湖市民清掃のごみの収集・運搬をめぐり、大津市は6月27日現在、業者との契約内容をホームページなどで公開していない。大津市の廃棄物減量推進課は昨年、市民清掃が始まって11日経ってから、ホームページに2000万円を超える …

大津市から補助金560万円/参加者に軍手を支給/琵琶湖市民清掃/市民清掃№107

琵琶湖市民清掃が6月25日に行われた。大津WEB新報の取材によると、参加した市民らは、大津市から560万円の補助金が出ていることを知らなかった。地域に回覧された「琵琶湖を美しくする運動実践本部からのお知らせ」にも一切説明 …

雨天でも実施?午前6時に決定/大津市HPで案内/琵琶湖市民清掃/市民清掃№106

今年の「琵琶湖市民清掃」は、学区ごとに3週に分け、6月18日、25日、7月2日の日曜日に行われる。 大津市は当日午前6時から、ホームページ上などで、雨天でも実施するかどうかを広報するという。大津市が作成した「雨天時の対応 …

「交付基準」をHP上復活/自治連関係の補助金2件/弊サイト報道直後/自治会№84

大津市は、大津市自治連合会などへの補助金2件に関する交付基準を、ホームページから削除したことを、大津WEB新報が5月8日に報じた。その後、大津市は掲載を再開したことがわかった。重要な補助金の「交付基準」を、市側の都合によ …

【論説】越市長は市民に説明せよ/自治会との懇談会復活/遊興費に使われるのなら「ふるさと納税」へ/自治会№82、83関連

「自治会との懇談会を飲食を伴わない形にしていきたい」。昨年11月に、越直美市長が記者会見で発言してから、半年もたたないうちに、こっそりと元に戻した。越市長は自ら、市幹部と一緒に、利害関係団体である大津市自治連合会との宴会 …

【図解】自治連合会の宴会だけ出席/越直美市長と市幹部/定例会・総会はパス/自治会№82・83関連

2017年5月10日に、琵琶湖ホテルで、大津市自治連合会の定例会と総会、夜には宴会が開催されたが、市長をはじめとする大津市幹部は、定例会と総会に出席せず、夜の宴会の時にだけ現れたことが、大津WEB新報の電話取材でわかった …

総会資料なし、宴会は出席/越市長の説明に矛盾/自治会№83

大津市の越直美市長は5月17日の定例記者会見で、ホテルで開かれた大津市自治連合会の宴会に出席した理由を記者に問われ、「総会後というのは、新しい体制のことについて話をしたりする一つの節目」と説明した。しかし、総会には、大津 …

« 1 2 3 44 »
PAGETOP
Copyright © 大津WEB新報 All Rights Reserved.