地域コミュニティの調査報道
調査報道記事
  • HOME »
  • 調査報道記事 »
  • 記事のアーカイブ

記事のアーカイブ

立食パーティはOK/2カ月で方針転換/自治会との懇親会/自治会№79

利害関係者でも立食パーティはOK-。大津市は昨年11月に決めた「自治会との懇談会廃止と縮小」の方針を、わずか2カ月で転換していたことが、情報公開請求で入手した文書から明らかになった。伊香立学区自治連合会による副市長らのコ …

滋賀報知新聞も報道/市民11人による監査請求/市民清掃№106

琵琶湖市民清掃をめぐり大津市の市民11人が監査請求したことを、滋賀報知新聞が6月4日、写真付きで報道した。請求者の加藤英子さんの「税金の無駄遣いは断じて許さない」というコメントを紹介している。これまで報道したメディアは、 …

琵琶湖市民清掃の監査請求/加藤英子さんら意見陳述/市民清掃№105

琵琶湖市民清掃をめぐり、大津市が大津市自治連合会などでつくる「琵琶湖を美しくする運動実践本部」へ支払った2015年度の補助金のうち運搬謝礼費170万円と、市が2016年度に5業者と随意契約して支払った運搬委託費2035万 …

4月の市長記者会見、全文掲載/待機児童ゼロを強調/市長関連№68

大津市の越直美市長の4月17日に行われた記者会見録を掲載する。この時の会見で越市長は、「3年連続 待機児童ゼロ達成」を大々的にアピールしていた。5月12日現在、大津市のホームページには、この会見録が掲載されていない。 大 …

【スクープ】調査結果を遺族に見せず/認可保育園での男児死亡/大津市が組織的隠蔽?/市長関連№67

大津市内の私立認可保育園で2014年7月、当時4歳の男児が死亡した事故で、直後に大津市が調査し、報告書を作成していながら、遺族には見せていないことが、大津WEB新報の取材で明らかになった。越直美市長は事故直後からこの問題 …

原告側は「最高裁判例」で反論/1.5億円訴訟の第7回口頭弁論/地区環境整備事業№62

ごみ処理施設のある伊香立学区自治連合会などに大津市が支出した補助金1.5億円が「違法な迷惑料支出にあたる」として、市民6人が越直美市長に対して公金の返還を求めた行政訴訟の第7回口頭弁論が5月9日、大津地裁であった。 原告 …

「交付基準」をHPから削除/自治連関係の補助金2件/適正化方針に違反/自治会№78

大津市は、大津市自治連合会などへの補助金2件に関する交付基準を、ホームページから削除したことが、大津WEB新報の調査によって分かった。大津市と自治連合会とが「利害関係者」にあたることが、市民には見えない状態になっている。 …

公費で1人6000円/大津市と自治連の懇親会【再掲載】/自治会№77

大津市と大津市自治連合会が持ちつ持たれつの懇親会を開いてきた事実を、大津WEB新報はこれまでしばしば取り上げた。自治連合会が頻繁に利用する琵琶湖ホテルの宴会に関する記事を再掲載する。この他にも、ロイヤルオークホテルや、琵 …

【解説】自治連合会は市の「利害関係者」/懇親会は職員倫理条例に違反/自治会№76

大津市自治連合会が琵琶湖ホテルで5月10日に開く懇親会には、例年通り、大津市の幹部職員らも参加するとみられる。大津市自治連合会は、大津市から多額の報償金や補助金を受け取っている「利害関係者」である。利害関係者が夜の懇親会 …

琵琶湖ホテルで今年も懇親会/60人規模、自治連と市側/自治会№75

大津市自治連合会と大津市の幹部らが同席する60人規模の懇親会が、来月10日、琵琶湖ホテルで催されることが、大津WEB新報の独自取材で明らかになった。越直美市長は昨年11月の記者会見で「大津市と自治会組織の公費での懇親会は …

« 1 2 3 42 »
PAGETOP
Copyright © 大津WEB新報 All Rights Reserved.