地域コミュニティの調査報道
調査報道記事
  • HOME »
  • 調査報道記事 »
  • 大津市の市長&副市長関連

大津市の市長&副市長関連

【検証:迷惑料問題と大津市<第1回>】原点は2002年の住民監査請求/地区環境整備事業№47

大津市の地区環境整備事業(迷惑料)とはいったい何なのか。巨額な公金がなぜ不透明な使われ方をするのか。問題の本質を明らかにするため、歴史的な検証を試みることにした。 ■原点は住民監査請求 副市長を委員長とする「地区環境整備 …

662世帯の伊香立学区へ2億円/2015年の検討委で承認/トップはコンパニオン接待の副市長/副市長問題№6

大津市の伊藤康行副市長が、伊香立自治連合会からコンパニオン接待を受けた1年後の2015年11月、地区環境整備事業(迷惑料)の妥当性を検討する委員会のトップを務め、約4億5000万円の事業全てを承認していたことがわかった。 …

問題なし、と越市長/コンパニオン接待の副市長かばう/副市長問題№5

大津市から多額の迷惑料を受け取っている伊香立学区自治連合会から、伊藤康行副市長がコンパニオンを伴った接待を受けた問題について、越直美市長が10月5日の定例記者会見で、法律に違反しておらず問題はない、との認識を示していたこ …

和食店で説明会?/北部クリーンセンター建替え計画/副市長の予定は空白/副市長問題№4

コンパニオン接待を受けた伊藤副市長らの説明が、事実と異なるなどの疑問が生じている。 疑問④ 10月1日の中日新聞の報道によると、大津市側が、北部クリーンセンターの建替え計画について説明会を持ちたいと要望し、伊香立学区自治 …

「呼んだのは自治会」/コンパニオン同伴は常態化/知りつつ責任回避/副市長問題№3

コンパニオン接待を受けた伊藤副市長らの説明が、事実と異なるなどの疑問が生じている。 疑問③ 10月1日付の中日新聞によると、担当の施設整備課は、「コンパニオンを呼んだのは自治連側だった」、つまり大津市側は知らなかった、と …

「奉行なべコース5000円」/プラス「飲み放題2500円」/副市長のコンパニオン接待/副市長問題№2

コンパニオン接待を受けた伊藤副市長の説明が、事実と異なっており、疑問が生じている。 疑問② 伊藤副市長ら大津市の幹部を招いた懇親会が行われたのは、伊香立にある懐石料理店だ。インターネットなどで調べても、ディナーは平均7, …

事前に支払い?/当日に会費を徴収/自治連からのコンパニオン接待/副市長問題№1

大津市から多額の迷惑料を受け取っている伊香立学区自治連合会から、伊藤康行副市長がコンパニオンを伴った接待を受けた問題について、大津WEB新報の独自取材で、多くの疑問点が浮かんできた。情報公開請求して入手した領収書などの資 …

接待受けても検討委員長/伊藤副市長/多額の迷惑料支出/地区環境整備事業№46

大津市は、過去に数々の不適切な補助金(迷惑料)が明らかになった反省を踏まえ、副市長を委員長とする「地区環境整備事業検討委員会」を2003年に発足しているが、「設立趣旨」に掲げる適正執行とはほど遠い実態であったことが、10 …

職員倫理の部署“われ関せず”/調査へ動かず/副市長の接待問題/地区環境整備事業№45

大津市の副市長ら市幹部が、コンパニオン同席で、自治会負担の接待を受けていたという報道があったことを知りながら、職員の公正な職務執行を見守る立場の担当部署が何の調査も進めようとしていないことが、関係者への取材で分かった。総 …

伊香立の自治会負担で飲食/伊藤副市長ら市幹部/コンパニオンも同席/中日新聞が報道/地区環境整備事業№42

大津市の伊藤康行副市長と伊香立学区自治連合会の不適切な懇親会の実態を、10月1日付の中日新聞が明らかにした。ごみ施設の立地に関して、大津市から多額の補助金を受けている伊香立学区自治連の役員5人と、伊藤副市長ら4人の市幹部 …

« 1 9 10 11
PAGETOP
Copyright © 大津WEB新報 All Rights Reserved.